LUX-spectrum

“Lux” is the Latin word for light, and can refer to physical light or the light in a person’s heart that dispels darkness and fosters hope.

“Spectrum” comes from the Latin “specere”, to see, and originally means “what can be seen” or “what appears”. “Spectare” is something that appears without warning.

「spectrum」 is an image of captured light, and does not share the flower motif that permeates the other original photograms shown herein. For those flowers, unlike here, the underside and silhouettes of the see-through petals are fixed in place. Rather, the light itself that passes through that translucent motif is captured in the photosensitive paper. Using photographic techniques, this paper fixes the slight tremors of that underside of light which forms spectra. Though 「spectrum」varies greatly from the flower photograms, it is certainly an extension of previous works.

「lux」とはラテン語で光を表し、物理現象としての光、人の心の暗闇を消す希望のひかりを意味する。

「spectrum」とはスペクトル、残像を意味する。ラテン語specere(見る)の派生で「像」、原義では「見えるもの」「現れるもの」という意味がある。spectare「予期しないで出現するもの」。

Spectrumは太陽を定着したイメージ。これまで制作してきたオリジナルフォトグラムのモチーフ(花)はない。花の場合は透けた花弁の内側やシルエットが定着されるが、透明なモチーフのシルエットはなく、通過した光そのものが感光紙に定着することになる。太陽光はわずかな「ゆらぎ」に分光されて光の内側を表す。この現象を写真的な手法を使って感光紙に定着する。花のフォトグラムとは大きく異なる印象の「Spectrum」だが、これまで制作してきた作品の延長上にある。

 

 

 

・Flower(1993-)

・Find the flower(1994-)

・Lux-landscape(2009-)

・video & Performance(2009-)

・about Mineo Sakata

・Review